三重茶葉セット(松阪の深蒸し煎茶と伊勢本かぶせ茶)

画像1
画像1
  • 事業者:茶遊膳 茶重
  • 代表TEL:0598210701
  • 代表FAX:0598217820
  • 事業者ホームページ:http://www.cha-ju.com/
  • 商品紹介:
    松阪の深蒸し煎茶と、三重県北勢の水沢地区の「伊勢本かぶせ茶」をギフトにした「三重茶葉セット」。
    箱入りギフト包装。深蒸し煎茶100g、伊勢本かぶせ茶80g(平袋)入り。
    全国で茶葉の生産量が第3位の三重県。縦に長い地域のため北と南で気候風土の違いにより、生産方法が異なるお茶が作られています。
    味わいも全く異なり、それぞれに特徴がはっきりとわかり飲み比べができるギフトです。

    ●伊勢本かぶせ茶
    三重県北部・鈴鹿山脈の山麓に広がる水沢地区は、冠(かぶせ)という独特の製法で栽培した『かぶせ茶』の生産量が日本一。
    新芽の収穫前に一週間以上、お茶の木に寒冷紗(黒い覆い)を被せて収穫するところから『かぶせ茶』と呼ばれるようになりました。

    寒冷紗で直射日光を遮ることにより、お茶の旨みや甘味成分の「テアニン」が光合成で渋み成分の「カテキン」に変化するのを抑えられます。
    そのため一般的な煎茶よりも、旨みと甘味が一層強いお茶ができます。
    また爽やかな茶葉本来の香り、鮮緑色をした水色(すいしょく)も愉しめます。よく海苔やアオサのような香りにたとえられます。
    煎茶のさわやかさ、そして玉露の旨みを併せ持ち、淹れ方によっても風味が変わるのが特徴です。
    その中でも「伊勢本かぶせ茶」は、2度冠というとても手間のかかる栽培方法で、現在2軒の農家のみで栽培されています。そのため生産量が少なく、希少価値の高いかぶせ茶です。

    ●深蒸し煎茶
    三重県松阪市中心地から西へ20kmにある松阪市飯南町。清流・櫛田川の朝霧、山々の天然養分、そして一日の寒暖差。お茶づくりには最適な環境で、有機質肥料によって松阪のお茶は育まれます。
    茎が太く葉肉にふっくらとした厚みのある生葉を5月初旬のさらに旬を見計らって刈り取ります。その後、普通の蒸し時間の数倍の長時間高圧蒸気処理を施し、内部の細胞を破壊することにより奥深い風味を抽出できる「深蒸し煎茶」に仕上げます。
    さらに、炭火同等の強火焙煎で香りやコク、旨みを十分に引き出しました。大自然の恵みで育った逞しい生葉だからこそ、長時間蒸しに向いています。

  • 希望小売価格: 2,600円(税込)
  • 内容量・サイズ:平袋タイプ、伊勢本かぶせ茶80g、深蒸し煎茶100g
  • 保存温度帯:-
  • 特定原材料:-