07株式会社喜場 代表取締役 
小柴 大地

本格フレンチで修行を積んだオーナーがつくる
メディアでも話題の“ホエイパスタ”

写真1

銀座フレンチの名店や星付きオーナーシェフの店での修行を経た小柴さんが、本格的なホエイパスタをご提供。高タンパク・低脂肪・低カロリーのホエイを使用することで、モチモチ感とほのかな甘みがプラスされます。これらの特徴に加え、ホエイパスタのソースには三重県産の松阪牛や鳥羽漁港から直接仕入れた伊勢海老、ウタセエビ、あおさなど三重の食材がふんだんに使用された、本格的な逸品に仕上がっています。加えて、ソースの味もより引き立つように。おいしく、健康なホエイパスタをぜひご賞味ください。

オーナー小柴大地さんとよろこば食堂の想い

写真1

よろこば食堂のオーナー小柴大地さんは、もともと銀座の本格フレンチレストランや星付きのオーナーシェフの元で3年もの修行を積み、シェフの道を歩んでいた努力家です。凄腕シェフを目指して毎日、過酷な料理修行に耐え忍び、黙々と頑張っていました。しかし、「このままで結果が出るのか?早く結果を出したい」という衝動に駆られ、焦りが生じて一時挫折を強いられたと話してくれました。

その挫折のタイミングで東日本大震災が発生し、被災地の支援を経験。そこでは、被災された方々との出会いがあり「いつ死ぬのか分からない。短い人生の中で精一杯生き切るしかない」ということを教わったと語ってくれました。それを機に、小柴さんは世界の紛争地域や途上国に目を向け、世界一周の旅に出ました。その世界一周中に小柴さんを変える転機があったのです。イタリアに滞在していたときに、裏路地にある小さなイタリアンのパスタの味に感動し、日本でパスタを作ることを決意。

そして帰国後、三重県にオーナー小柴大地さん率いる「喜場〜よろこば〜」が誕生しました。そんなとき、三重県津市にあるチーズや牛乳など乳製品を製造する「鈴木牧場」さんに出会いました。鈴木牧場さんでは、牛乳からチーズを作るときに生成される“ホエイ”の使い道がなく、廃棄処分しなければいけないことに苦悩していました。なんと、牛乳の80%がホエイになるそうです・・・。

そこで、小柴さんは「パスタにホエイが使えるのでは?」と閃き、出来たものがホエイパスタです。ちょうどこの頃に、小柴さん自身が見た世界や被災地の状況・経験と、社会問題とされる廃棄処分を少しでも減らすために何かしたいと考えていたため、このホエイが大きな転機となりました。

このホエイパスタにより、おいしさと健康をお客様にお届けするだけではなく、8割が廃棄処分されるホエイによるゴミの減少につながり、大きな社会貢献にもつながっているのです。

お客様へのメッセージ

写真1

みなさんは、とても大変な世の中に生きられていると思います。今までは気軽に外食に行けていた人も行けなくなり、まだまだ制限がある中で生きにくい部分のあるご時世だと思います。
「一緒に過ごしたい人・本当に行きたい場所・心から欲しいもの」。この大変な世の中で、本当に大切なモノが求められる時代になりつつあります。このように変化してゆく世の中で、「少しでも喜ばれるものを届けられたら!」と日々、開発や製造に励んでおります。
そして、この喜びが共有されて輪のように広がり、未来に繋がっていけば嬉しいです。

株式会社喜場
代表取締役 小柴 大地

企業情報

株式会社喜場
住所:〒514-0124 三重県津市大里川北町88
TEL:070-5252-6876
webサイト:http://yorokoba.com/

その他のインタビュー

その他のインタビュー

一覧に戻る