04有限会社二軒茶屋餅角屋本店 代表取締役社長  
鈴木 成宗

2017年・2019年
ビール界のオスカー
「International
Brewing Award」で
2大会連続の金賞受賞

写真1

伊勢角屋麦酒のクラフトビールは、伊勢の杜で発見した不思議な特徴を持つ野生酵母をもとにビールをつくり、度重なる成果の末、創業から3年という早さで2000年にJAPAN BREWERS CUPで受賞。その後も多くのタイトルを受賞し、最近では、2年に一度開かれるビール界のオスカー「International Brewing Award」で2017年・2019年と2大会連続の金賞を受賞しました。そして、今年2021年度でも有力とされ、世界初の3連覇を受賞するために日々美味しいビールの開発に励んでおります。まさに伊勢角屋麦酒は、日本、そして世界のビール界を牽引する立役者です。

「世界大会で受賞できないものは出荷しない。他より良くても、世界で評価されるものでないとお客様へは届けられない。良いものだけを届けたい」と語るのは、伊勢角屋麦酒初代社長の鈴木成宗さん。2018年にビール工場を下野工場へ移転した際には、「美味しかったが世界大会で受賞できないビールを8,000リットル以上処分したこともある」と話してくれました。喉から手が出るほど欲しかった売り上げよりも、お客様へ最高のビールを届けたいという熱い想いを優先する、そんな職人としての誇りが強いビール会社だからこそ、世界大会で金賞を受賞できたのです。

伊勢角屋麦酒は、ビールへの想いが強いだけではありません。社長の鈴木さん自身が世界大会の審査員であり(自社ビールは評価できない)、ビールの審査員資格を持つ従業員が数名いること、伊勢で発見した珍しい野生酵母を使用していること、博士号や修士号を持つ研究員によりデータ分析を自らに課してビールの開発をしていること、そして日本最大規模のビール工場があること。これらの強みとこだわりが伊勢角屋麦酒にはあります。

加えて、伊勢角屋麦酒のビール工場では、ドイツ製の熱エネルギーの分散を抑制する環境に優しい機械を導入しています。また、生産時にできる麦芽カスなどを発酵させ、地元高校畜産専攻課で豚の餌にしており、地球環境に貢献する取り組みも行なっています。伊勢角屋麦酒は、お客様を考え、社会を考えて日本一のビールを製造しているとともに、持続可能な社会づくりに貢献されている素晴らしい企業です。

社長 鈴木 成宗さんの24年の想いとこれから

写真1

1997年、鈴木成宗さんが伊勢角屋麦酒を創業。鈴木成宗さんは、天正3年(1575年)創業の老舗餅屋「二軒茶屋餅」の21代目として生まれ、家業を継いでいました。しかし、大学生・大学院生時代に東北大学で行なっていた微生物や酵母の研究の楽しさが忘れられず、酵母が大きく関わるビールの製造を始めました。

創業当初は当然、売り上げが立たず厳しい経営状況でした。その後も実践に実践を重ねてようやくできたビールも、「世界大会に受賞できないから、全て処分する」など、最高品質を追い求めるがゆえに苦しい決断をする場面が数多くあったそうです。他社より優れたビールをつくり、従業員が「賞は取れずとも、これはいけます!」と強く推す声も断ち切ることは、ビールへの敬意と情熱があるからこそできる行動です。喉から手が出るほど欲しい売り上げでも、お客様やビールのことを考えると、一切の妥協はできませんと語ってくれました。

そして、ようやく2000年に日本の大会で受賞したことを境に、アメリカやオーストラリアをはじめ、世界で数々の賞を受賞し、現在は2017年・2019年とビール界のオスカー「International Brewing Award」で2大会連続金賞受賞という悲願を達成。しかし、鈴木さんはまだまだ止まることなく、世界初の3大会連続金賞受賞を目指し、「世界一のビールをつくる」という夢を追って、今日も一切の妥協なく私たちのために美味しいビールの研究や製造を行なっています。

今後、鈴木さんは「自社だけではなく日本のビール業界を盛り上げたい」と語ってくれました。現在の日本において、クラフトビールの文化はまだまだ発展途上です。鈴木さんは「特別な日だからお気に入りのワインにしよう!この料理にはやっぱりこれだな!とワインを選ぶように、ビールもこうして選ばれるようにしたい」と真剣なまなざしで、今後のさらなる夢を語ってくれました。そして、いつかはアメリカのように巨大なビールセラーがスーパーに置かれ、ビール専門アドバイザーがいるような場所を作っていきたいとおっしゃっていました。今後の鈴木さんと伊勢角屋麦酒の激動に期待です。

鈴木 成宗さんからお客様へのメッセージ

写真1

 “伊勢角屋麦酒、そして鈴木成宗の24年の成果を込めたビールを飲んでいただき、少しでも幸福な時間を過ごしていただければうれしいです”

有限会社二軒茶屋餅角屋本店
代表取締役社長 鈴木成宗

企業情報

有限会社二軒茶屋餅角屋本店
住所:〒516-0017 三重県伊勢市神久六丁目8番25号
TEL:0596-23-3040
webサイト:https://www.kadoyahonten.co.jp/

その他のインタビュー

一覧に戻る