15保田商店 10代目
保田與志彦

もち粉じゃない。もち小麦が新たな食文明を創る。
ここでしか買えない“桑名もち小麦”

写真1

三重県桑名市で誕生した“桑名もち小麦”。創業200年以上の歴史もつ保田商店の10代目保田與志彦さんが、日本に新たな食文明をつくります。

保田商店さんでは、“桑名もち小麦“を誕生させてここでしか買えないもち小麦として食業界に大きなブームを呼んでいます。TVや雑誌、ニュースなどメディアにも多数取り上げられています。

桑名もち小麦は、もち粉より粘り気が強いもっちり食感が特徴的です。小麦粉だけでもっちり食感を生み出せることから、多種多様な料理に新たな可能性をもたらしています。例えば、うどんのような食感を感じるパスタ「ナシデンテ」、もっちり食感の格が違うパンケーキやベーグルなど。”もちもち、しっとり“とした食感が、日本人の口に合います。

そして、農薬を使わない有機栽培と無添加のオーガニック食材にこだわり、安全・安心・高品質をお客様にお届けしています。

創業200年以上 保田商店さんと保田與志彦さんの想い

写真1

創業200年以上の歴史を持つ保田商店さんは、もともと食材の卸をしており、食に精通した会社でした。それ以前の江戸時代には、材木屋さんをやっていた形跡も文献に書かれているようです。長年、食材に携わる中で10代目保田與志彦さんは、もち小麦の存在を知ります。そのもち小麦に苦味はあったものの、これほどにないモチモチ感に感動。これを「桑名市でつくりたい!」と想い、誕生のきっかけとなりました。しかし、苦味の克服やもっちり食感を活かした上質な味わいの追求という開発の苦悩がありました。難解な課題を徐々に解きながら、およそ2年の苦悩を経て、ついに完成させたのです。苦味を改善し、もちもち食感を活かした“桑名もち小麦”の誕生です。

現在では、さまざまなお店とコラボして桑名もち小麦を使用したパンや、ベーグル、パスタ、パンケーキなどをお客様にお届けしています。そして、保田さんは「小麦は、いろんなところで使われるから、他ジャンルのお店とたくさん関われて楽しい」と話してくれました。また、「みなさんに使ってもらえる桑名もち小麦にしたい」と熱い眼差しを持たれていました。

お客様へのメッセージ

写真1

桑名もち小麦という、もちもちした驚きの食感を体験していただきたいです。そして三重県に来られる世の中になれば、ぜひ桑名市にお越しください。おもてなしいたします。

保田商店
10代目 保田與志彦

企業情報

株式会社 保田商店
住所:〒511-0838 三重県桑名市和泉377-1
TEL:0594-22-6251
webサイト:http://www.sozai-ya.jp/

一覧に戻る