12みなみ製麺 2代目
浜口義明

もっちり柔らかなのに噛み応えある麺と、
魚介&たまり醤油の香ばしいたれが沁みる。

写真1

小麦が違う、みなみ製麺さんの伊勢うどん。もっちりと柔らかいのに、しっかりとしたコシのある伊勢うどんは、みなみ製麺さんならではの特徴です。原料、製法にこだわり、そしておもてなしの想いがメディアで取り上げられるほどの名作を生み出しています。

伊勢うどんは、讃岐うどんの約2〜3倍の太さがある麺に、黒く濃厚なタレを絡めて食べる伊勢の伝統的なうどんです。しっかりとした太麺に香ばしい濃厚タレが堪りません。ただ太くて柔らかな麺は、ブチブチと切れてしまう性質があります。しかし、みなみ製麺さんの伊勢うどんは太くて柔らかいのに、噛み応えあるコシ麺になっているのです。

この理想の製麺が実現できるワケは、「原料」「製法」が違うためです。原料の小麦は、1種の小麦だけを使用するのではなく、2〜3種類の小麦を目利きしてブレンドしています。そして製法では、自社独自の特注製麺機で製造しています。

特に、伊勢志摩サミットをきっかけに開発した東海地方の原料のみでつくった伊勢うどんは、1年の時を経てようやく完成した苦悩の賜物です。

また、みなみ製麺さんは「食品安全マネジメントシステム国際規格ISO22000」を全国初認定されています。味だけではなく、安心安全にもこだわっているのです。味良し、香り良し、食感良し。みなみ製麺さんは、やみつきになる伊勢うどんを提供してくれています。

昭和33年から続くみなみ製麺さんと2代目 浜口義明さんの想い

写真1

昭和33年から続く老舗製麺所。発端地は、伊勢市河崎という商人の町でした。その後2代目の浜口義明さんが継承したのは、今からおよそ15年前の話です。創業から時代とともに進化してきた伊勢うどんの製法と想いを受け継ぎました。浜口さんは、お客さまにおいしさを提供するためにはどんな労力もいとわない方です。伝承した味を活かすもそれだけにとどまらず、お客さまにより上質な製麺をお届けすることを第一に考えているのです。実際に、自身の代で新たに製麺所をつくり、よりおいしいと感じ、安心安全な製麺を提供しています。

しかし現在はコロナの影響により、みなみ製麺の伊勢うどんを口にしてもらう機会が大幅に減少し、大きな苦悩を抱えていると話してくれました。

それでも浜口さん、そしてみなみ製麺のみなさんは、おいしいを届けるために今日も伊勢うどんを作り続けているのです。「お客さまからの“おいしい”という一言が大きな原動力になる」とお客様への感謝の気持ちも話してくれました。

お客様へのメッセージ

写真1

今は大変な時期です。来たくても来れない、そして私たちもお迎えしたくてもできないところですが、コロナが終息してイキイキできる時が来る時を願い、いまは自宅で伊勢うどんを食べて三重を感じていただきたいです。

みなみ製麺
2代目 浜口義明

企業情報

株式会社みなみ製麺
住所:〒515-0507 三重県伊勢市村松町1360−21
TEL:059-638-1166
webサイト:https://www.iseudon.net/

一覧に戻る